外壁の塗装 時期と保証について (後編~外壁を塗装後の10年保証)

時期と保証(後編).png

外壁塗装の時期と保証について(後編~外壁塗装の時期)

前回は、チョーキング現象が出た時が
外壁塗装の塗り替えの時期だということをお話しました。

今回は、外壁塗装をした際の保証についてお話します。

僕も仕事をしているときに、よく施主さんから聞かれました。

「今回の塗装はどのくらい持つの?」

この質問をされたときは、会社から「10年」と答えるようにと
言われてましたので、

「10年は大丈夫ですよ」

と答えていました。


ただ、この10年というのがどこの範囲までなのかは
施主さん自体よく分かっていませんよね。


おそらく10年間は無理して外塀塗装の塗り替えを
しなくてもいいと思っていますよね。


確かに10年間は無理して外塀塗装の塗り替えを
しなくてもいいと思います。


しかし、塗装自体が10年持つかというと、
それは持たないと、僕は思っています。


よく「10年保証」をしている業者も多いと思いますが、
この「10年保証」をする条件がいくつかあると思います。


工事をしたから何でもかんでも10年保証するということは
絶対にありえないんじゃないかなと正直思っています。


10年保証.png


例えばの話ですが、外壁塗装工事の10年保証内容として、

「塗膜は剥離(剥れる)した場合は10年保証します。」
「塗装面にひび割れが入った場合には10年保証します。」


というのが良く聞く話です。


ここで注意が必要ですが、但し書きに

「火災・地震などの災害は除く」

と書かれているはずです。


この但し書きで、ほとんどの保証から免れることができます。



次に、塗膜の剥離とひび割れに関してですが、

ひび割れの場合にはまず地震の有無を確認。
次に地震でなければ、下地工事の不備が考えられますので、

保証の内容としては、その場所をコーキング補修をし
その部分一面を同じ色で塗装するすることが
保証の内容だと思います。


塗膜の剥離については、普通に工事をしていれば
90%以上考えられません。


塗膜の剥離について考えられる原因は、

1.シーラー(密着罪)がきちんと塗られていない。
2.塗装面に水分が残った状態でシーラー塗装した。




大きく分けるとこの2つですが、
一般的にはなかなか考えられません。

なので・・・

保証することが凄いことではなく、
当たり前のことなんです。


だって、ちゃんとした工事をしているんだから…



外壁塗装工事の注文を取る「飛び込み営業マン」は
この外壁塗装の光沢を見て判断しているようです。


一般的にあなたが気にしているのは、塗装面の光沢(艶)が
飛んでしまい

数年でまた、外壁塗装工事をしなくてはいけなくなるのではないか
ということではないでしょうか?



でも、この外壁塗装面の光沢(艶)についてはほとんど保証は出ていません。
というより保証は出せません。


基本的に外壁塗装の幕の厚みはミクロンの世界です。

普通に考えて、ミクロンの厚みが10年持つとは
常識的に考えられません。


現在塗装の技術で最先端の技術は、
車の塗装ではないでしょうか?


ロールスロイス・ベンツ・レクサスなどの
高級車の塗装を思い浮かべてください。


最先端の技術で仕上げられているのですが、

これらの高級車を青空駐車場において10年間洗車はおろか、
何の手入れもせずに10年間塗装が持つでしょうか?




家の外壁は、それ以上に過酷な条件に24時間
晒されているわけで、

1年毎に家を洗浄している人を聞いたことがありません。


こう考えると、

塗装面の光沢(艶)をあなたが納得できる
10年間保証なんて考えられません。


その辺りは、あなたも勘違いをしないようにしてください。

仮に、10年間光沢も保証できる業塗装者がいたら、
その言葉を真に受けずに、


必ず施工した現場に連れていってもらい、
そこの施主さんに直接話を聞くようにしてくださいね。



そうそう、そういったチョット面倒なことも
相談に乗ってくれそうなので、試してみてはいかがですか?
外壁塗装の一括見積【全国見積もりサポート協会】





↓↓↓あなたが損をしない外壁塗装一括見積りはこちら↓↓↓





この記事へのコメント